« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月30日 (木)

三浦半島金田湾「浜千鳥」 ボートでイイダコ釣り

どーも僕です。

最近、いろいろと忙しくて、なかなか釣りに行けなかったのだが、先日、久しぶりに釣りに行ったので、久々の釣り記事を書きます。

と言っても、行ったのは10月半ばの話だけど。

 

4か月ぶりの再会

初夏の頃、念願の65cmのモンスターマゴチを釣りあげて以来(「三浦半島金田湾「浜千鳥」で第三回ボート釣り」参照)、ギンポ釣りやウナギ釣りばかりやっていたので(「玉置さんになりたい」参照)、久しぶりに海に出て釣りがしたいと思っていたが、なかなか行けずにいた。

できれば、またボートを漕いで青空の下のんびりと釣りがしたいと思って、行きつけのボート店「浜千鳥」さんのホームページを見てみると、どうやら今の時期はイイダコが釣れるらしい。

イイダコなんてキス釣りの外道として何匹か釣った事があるだけで、専門に狙って釣ったことなんかないので、興味がわいてきた。なんだかおもしろそう。

釣りに行けそうな日ができたので、さっそく上州屋に直行。

Dsc03620

いつものところへ。

そして釣行当日、いつものように、車がないので始発電車で三浦半島に向かう。

Dsc05322 Dsc05323

このセットを見かけたら僕です。              カートにはキャスティくんのバンドで竿を固定。

・・・電車に揺られる事、まる2時間、「三浦海岸駅」に着いた。

Dsc05324

朝の電車は、わりと混んでいてあまり寝られない。いや、これから釣りに行くと思うと興奮して寝られないだけか。

駅からさらにバスで10分ほどで、ようやく、行きつけのボート店「浜千鳥」に到着だ。さっきから「行きつけ」なんてボート釣り上級者ぶっているが、このボート店にしか行った事がないボート釣り4回目の初心者であることはみなさんはすでに知っているので問題ない。

Dsc05325 Dsc05326

お店の写真を載せるのは初めてだね。             車で行ったら、この看板が目印。

店に入ると、おかみさんが、「久しぶりだねぇ。前に来てくれた時でっかいの釣ったお兄ちゃんだね。」と覚えていてくれた。うれしい。4か月ぶりの再会だ。

一応ジャリメを買って、さっそくボート乗り場へ。

 

初のイイダコ釣り

7:30、はりきって出航!

Dsc05328

いってきまーす!

今日の目当てはイイダコだが、まだマゴチもたまに釣れているようなので、念のため浅場でエサ用のメゴチを確保してから沖に出ることにした。

ヒョイっと投げるとすぐに、プルプルッと掛かった。

Dsc05329

2匹いっぺんに釣れてきたよ。

Dsc05331

実はメゴチとかカレイとか海底に住む魚が一番好き。茶色くて地味だけど、そのいぶし銀的なところがカッコイイ。

メゴチを何匹か釣って、沖へ漕ぎ進む。

ん?なんか前来た時と違うと思ったら、イワシのイケスが一つもない。4か月前は広範囲にわたってたくさんあったのに。そして、4か月に比べて格段に気温が低くなっている。まあ当たり前の事だけど。

よし、だいぶ沖まで来たぜ。周りには他のボートもいないし、このへんでアンカー降ろしてみよう。

Dsc05334

このアンカー(錨)を載せるのも初めてだね。ただ空き缶にコンクリ詰めたやつにロープが繋がっているだけなんだけど、これでも充分にボートを係留できる。これを引き上げる時がまた、めっさ重いのよ。

まずはさっき釣り上げたメゴチをつけてマゴチの置き竿を投入。

Dsc05335

受太郎!GO!!

そして手持ち竿でイイダコを狙う。タックルとしては、写真に撮り忘れたが、イイダコ用の小さいテンヤ(イイダコテンヤ)でイイダコを狙うとして、ついでにテンヤの上に胴付仕掛けを付けてイイダコ以外の魚も釣ってしまおうという、よくばり仕掛けで臨んだ。

タコ釣りなんて初めての経験なので、手探りで、いやテンヤ探りで海底を探る。

ゆっくりと海底の砂の上を引きずってみるが、なかなかイイダコは掛かってこない。

めげずに、イイダコの大好物のカニが海底を歩いている画を想像しながら、イイダコテンヤを動かすことを繰り返す・・・

すると、何かフワッと、まるで海藻かビニールかなんかが引っ掛かったような感触が竿に伝わってきた。

違和感を感じただけだったが、一応リールを巻いてみると、やはり軽い何かが引っ掛かっているようだ。魚のような引きはない。

引き上げてみると、

Dsc05342

ピャー!!!

イイダコが釣れていた。

ヤッター!・・・でもあまり手ごたえがなかったのでポカーンて感じだ。まあとにかく1匹は釣ることができたのでよかった。

なるほどね。あの「フワッと」した感触は、軽いが確かにイイダコがテンヤに乗ったときのものだった訳だ。そりゃそうだよね、こんな小さなタコなんだから。

よし!そうと解かれば、竿に伝わってくる感触の変化に集中集中。

・・・・・・おっ!この感触は・・・!!

Dsc05347

イエス!イエス!!!!!!!!

よしよし、この調子でバシバシ釣ってやるぜ!

・・・またきたっ!

Dsc05339

ガビーン。ヒトデでしたー。正式名称は「モミジガイ」というらしい。

海藻が引っ掛かったような感触はコイツも同じ感じだったよ。

ちくしょう!気を取り直して、次いこう。

・・・よしっ!きた!

Dsc05356

上の針に掛かった。オキエソだ。

イイダコじゃなかったけど、いろんなのが釣れた方が楽しいしね。

しかし、12:00をまわった頃からアタリも少なくなってきたので、ちょっと休憩することに。

 

まったりムードの後半戦

Dsc05351

まわりを見渡すと、海鳥たちも気持ちよさそうに波に揺られていた。

天気もいいし、波もなくて、のんびりした時間が過ぎていく。

Dsc05352

今日はおにぎり。たらこのやーつ。

これがいいんだよね!最高に気持ちいい!これがボート釣りの醍醐味だぜよ!

・・・おっと、ちゃんと釣りしないとね。

釣り再開。

・・・・・・2時間経過。

Dsc05353

シーン。

結局その後もまったり感は抜けず、シロギスやメゴチなんかもポツポツ釣れたが、マゴチ竿はピクリとも言わず、イイダコの数は伸び悩んだまま、沖上がり時間の15:00が近づいてきたので終了することに。

Dsc05360

終了ー。

最終的にお目当てのイイダコはというと・・・

Dsc05362

全部で5匹しか釣れませんでしたー。お恥ずかしい。

ボート店に戻るとおかみさんに写真を撮るか訊かれたが、たった5匹しか釣れていないので断わったことは僕の妻しか知らない。

いつものように帰りは駅まで車で送ってもらって、三浦海岸駅から電車に乗った。帰りはグーグー夢の国へ。

そして、ようやく帰宅。

さあ、このイイダコ、どうやって食べようか・・・

Dsc05364

ついに切れる包丁を買った!

Dsc05367

結局、お得意の唐揚げになってしまった・・・これが一番簡単でウマいんだよ!ウチでは捕ってきた獲物の6割方は唐揚げにされる。

イイダコ、ウマし!

いやあ、今回は久々にボートに乗って、初めてイイダコを狙っての釣りをした訳なのだが、テンヤで釣るタコっていうのは、魚と違って、エサに食い付いて口に針がかかる訳じゃないので、掛かった感触も全然違って難しかったけど、それがおもしろいとも思ったので、必ずまた行きたいと思います。

そしてやっぱり、ボート釣り最高!

天気がいい日に行けば、もう釣りをしなくてもいいぐらいの気持ち良さ。日頃の疲れをリフレッシュできること間違いなし!それを、あらためて実感した一日でした。今はもう寒いので来年の春まではできないけど、ぜひとも、みなさんも体験していただきたい。

海の恵みに感謝。

よろしくどーぞ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

やりませんでした

いやあ、何をやらなかったかと言うと、

前回書いた記事「玉置さんになりたい」を、ご存じ「デイリー道場」にまた投稿したんですけど、ダメでした。

Imgp0390_1

悔しいです!

過去3回投稿して、3回とも入選していたので、なんか調子に乗っていたんでしょうね。

このへんで一発、鼻っ柱折られといてよかったんじゃないかと思います。

今回は初めて、「お題DE道場」という、発表されたお題に合わせた記事を投稿できる月一恒例のコーナーに投稿してみました。でもまあ、たまたまお題に合っていただけで「お題DE道場」でなくても投稿する予定でした。

もう一息」ということで落選しましたが、よろしければご覧ください。

 

今回で4回目の投稿ですが、過去3回の入選記事も、よろしければご覧ください。

第1回入選『デイリー道場 「水族館の水槽の大掃除を手伝ってきた」

第2回入選『デイリー道場 「ウルトラマン商店街ナビ完全版」

第3回入選『デイリー道場 「網戸でセミを羽化させる」

 

玉置さん、いつもおもしろい遊びを教えてくれてありがとうございます。これからもおもしろい記事を書いてください。応援してます。

玉置さんの恵みに感謝。

 

よろしくどーぞ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »