« また、やりました! | トップページ | 網戸でセミを羽化させる »

2010年9月12日 (日)

「サンシャイン国際水族館」が休館する前にまた行ってきた

7月に「水族館の水槽の大掃除を手伝ってきた」という記事を書いたのだが、その時にお世話になったのが「サンシャイン国際水族館」。

その記事の中でも書いたが、「サンシャイン国際水族館」は1978年の開館以来32年という長い間、人々を楽しませてくれた。その歴史に一時休止符を打って、2010年9月1日全館リニューアル工事のため、惜しまれながら一年間の休館に入った。

その休館の前の最後の大型水槽の大掃除ということで、一般の人間にも清掃体験をしてもらおうという催しに僕は参加させていただいた訳だ。

休館してしまう9月1日までに、もう一度行って、7月はじめに自分たちがきれいにした水槽がどのぐらい汚れているかを見てこようと思っていたのだ。

ということで、行ってみた。

Dsc05118

休館の約1週間前だ。来れてよかった。

夏休みだから子供たちでごった返していたよ。

Dsc04636

なんだか寂しいよ。小さい時から何回も来てるからなあ。

Dsc04662

サンシャイン国際水族館に行ったら最初に登場するのがこの水槽。どこの水族館にもある、イワシの廻っている水槽。これが大好きなのよ。このブログのタイトルバナーもこれ。

Dsc04643 Dsc04695

スケスケの魚。                          深海に棲むダイオウグソクムシというやつ。

いやあ、やっぱり水族館は楽しいな。色々な生き物がいて、いくつになっても興奮する。

水族館なのに「Zoo-Zoo広場」というところもある。手を伸ばせば触れられるところに動物がいるので、ついつい触りたくなるが、触ってはいけない。

Dsc04710

上を見たらコアリクイが寝てた。

Dsc04719 Dsc04716

キツネザルかなんか。                      モルモット。うむ、曇りなき眼(まなこ)だ。

Dsc04724 Dsc04721

ぐでーん。フェネック。                     アルマジロは鎧の隙間から毛が出てるんだね。

この時はいろんなイベントが行われていた。

Dsc04650

バードショー!かっこいいね。

Dsc04646 Dsc04653

磯の生き物や小動物とのふれあい体験。このウサギの他にイヌザメやリクガメも触る事ができた。

Dsc04686

透明標本の展示。特殊な薬液を使って、筋肉は透明にして骨に染色してあるらしいです。すごいきれい!

Dsc04687 Dsc04688

へー、魚だけじゃなく、小型の生き物なら何でもできるんだ。美しいですな。

はっ!!そうだ!自分が大掃除を手伝った水槽がどうなったか見に行くの忘れてた!

 

大掃除した回遊水槽へ

さあ、どうなってるかな・・・

Dsc04680

お、だんだん汚れてきてるね。1か月半ぐらい経つとこのぐらいは汚れてくるんだな。

Dsc04675 Dsc04678

排水口のまわりや岩場のふちの方に茶色くコケのような汚れが見える。

Dsc03966

ちなみにこれは7月に清掃した直後の写真。比べてみると、汚れてきていることがわかる。

Dsc04679

「白いサメ」は相変わらず、のんびりマイペース。

よし、汚れ具合も確認できたし、アシカのショーでも観にいくか。

Dsc04745

途中でマンボウに出会った。手の代わりにヒレを振ってくれたよ。元気そうで何よりだ。

Dsc04654 Dsc04655

アシカは本当に芸達者。おりこうさんである。バランス感覚も中国雑技団並み。

Dsc04741

アシカは本当に芸達者だ。

大好きな水族館の中でも、この「サンシャイン国際水族館」には一番来ているし、小さい頃から馴染みのある、思い入れの強い水族館だ。そんな「サンシャイン国際水族館」が休館するのはとても寂しいけど、リニューアルして生まれ変わった「サンシャイン国際水族館」にまた来るのがとても楽しみだ。1年後を期待して待っていよう。

Dsc04639

楽しみに待っています。

 

よろしくど-ぞ。

|

« また、やりました! | トップページ | 網戸でセミを羽化させる »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/561088/49388316

この記事へのトラックバック一覧です: 「サンシャイン国際水族館」が休館する前にまた行ってきた:

« また、やりました! | トップページ | 網戸でセミを羽化させる »