トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月26日 (土)

「@niftyつり」からプレゼントが届いた

こんにちは。

今日ポストを見たら、「@niftyつり」から何か届いていてビックリ!!

前に応募した、『@niftyつりオリジナルメジャーステッカー』が当たったのだ!

まあ先着300名応募者全員にプレゼントだから、当たったとかそうゆうのじゃないけどね。

Dsc03618

欲しかったんだよねこれ。ヒーハー !!!!!

そして、もうひとつニュース!

師匠である玉置さんがついに念願のマゴチを釣り上げたそうです!(「@niftyつり」で、玉置さんの書いた記事『【ゆるゆる釣り部】仕立て船でマゴチリベンジに成功!』参照)

おめでとうございます!ヒーハー !!!!!!!!

玉置さんの「マゴチとの戦いの歴史」をみていたので、僕も自分の事のように嬉しいです。

僕のヒーハー・・・いやヒーロー玉置 豊さん。

では、また次回。

よろしくどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月22日 (火)

江ノ島「島きち丸」でキス乗合船

お久しぶりです。

このブログが始ってからボート釣りのことしか書いていないので、読者を飽きさせない為にもここは、ボート釣り以外の釣り記事を書かなければ!

ということで、すこし前の話になるのだが、5月中旬に行った、乗合船でのキス釣りの話でもはさんで読者のあくびを止めさせることにした。

今回は釣りをやったことがない妻に釣りをやらせたくて、半ば強引に釣りに行くことに。初心者でも比較的釣れるであろうという甘い考えで、乗合船のキス釣りに決めたのであった・・・

のちに私を孤独へと導くことになるとも知らずに・・・

妻と休みが合うのが土曜しかなかったので、船が混むのが嫌だが仕方なく5月22日(土)に出掛けることになった。

予約した船宿は江ノ島にある「島きち丸」さん。なぜこの船宿に決めたかというと、自宅のある世田谷区から小田急線一本の乗り換えなしで行けるという交通の便の良さ。そして何より、ホームページにある割引クーポンが使えるからだ!なんと驚愕の1000円引き !!!理由は安っぽいが料金も安くなるので良しとしよう。

今日は、自分はシロギスをポンポン釣って妻にいいところを見せつつ、釣り初めての妻もそこそこ釣れて、最後は『あー楽しかった!!また行こうね!』で終わりたい。イメージトレーニングは完璧だ。

大抵の乗合船は早く来た人から釣り座(船での釣りをする座席)を決められるので、最低、出船の30分前までには船宿に到着して待機しておきたかったのだけど、自宅から始発電車で出ても、出船20分前に船宿到着というギリギリのタイム。

駅から走ったのだが、結局、船宿に着いた時には、人気のトモ(船の一番後ろ)やミヨシ(船の一番前)はもう先客にとられていたので、仕方なく堂の間(船の両サイドの中央部分)に決めた。

島きち丸」のシロギス乗合船の料金は男性7000円、女性5000円で、割引クーポンを使って1000円引きなので代金は11000円。出船時間が迫っていたのでチャチャっと支払いを済ませて船へ。

自分の釣り座についたら、すぐに竿やら仕掛けやらの準備だ。「島きち丸」では氷とキス用仕掛け一枚は無料サービスでもらえます。さらにエサのジャリメも使い放題なのでジャンジャン使おう。お財布にやさしいナイスサービスなのだ。

すぐに船は出船し、あっという間に釣り場に到着、「どーぞー、仕掛け投入してくださーい」スピーカーから船長の声。えー!?まだ準備できてないよー !

Imgp0174

一瞬で江ノ島沖に到着

まずは妻の仕掛けが完成。エサのジャリメも自分ではつけられないみたいなので、僕がつけて、アンダースローで仕掛けを投入。妻はわけもわからず釣り竿を持たされた。

さあ自分の仕掛けを準備しようかなと思ったら、

「なんかきた!」妻が叫ぶ。

そうそう、そうやって巻いて・・・

Imgp0173

やったぜ!!妻の釣りデビューの獲物はヒイラギでしたー。

魚はオレがとってあげるからね・・・って自分の仕掛け、まだ準備できてないよー !

まあ、何はともあれ楽しそうでよかった。ホッ。

自分の準備もできて、やっとスタート!

第一投から本命のシロギスが釣れたのだが、釣れた時に写真を撮るのを忘れたので、またウチの台所の写真でご勘弁ください。

Imgp0178

シロギス。帰ってから撮りました。

その後も釣れ続けるシロギス以外の魚・・・

Imgp0175

メゴチ。他にもサバッコやカタクチイワシがたくさん釣れた。

Imgp0176

ホウボウの小さいやつ。針飲んじゃったよ。

そして、午後に入り潮は止まる。

Dsc03240

シーン

Dsc03230

酔っていた。

魚は針を飲み、妻は酔い止めの薬を飲む。

Imgp0183

ガビーン

結局、その後も釣果は伸びず納竿、沖上がりとなった。最終的に本命であるシロギスはというと、全部で7尾という悲しい結果に終わったのだった。

船宿に戻ると、麦茶を頂いたので、それ飲みながらちょっと休憩。

初めての釣りで疲れきった様子の妻から出た言葉は、

『今度からは一人で行ってね。』

Imgp0183_2

ガクーン

イメージしていたのとは正反対の結末になってしまったよ。

どうやら船酔いが相当キツかったみたいだ。でも、船(手漕ぎボートを含む)に乗るのはもう嫌だが、陸っぱり(船に乗らず陸から釣りをすること)なら付き合ってくれるらしい。くそう、どっかの堤防か海釣り公園にでも行けばよかった。

人々はこれを『五・二・二事件』と呼ぶ。

(これをきっかけに、のちに一人でボート釣りデビューを果たし、一人で三浦海岸に通うようになる。)

ショックのあまり(かどうかは分らないが)、帰りの電車で、座席の上にある網棚にリュックを忘れて、忘れ物預かり所まで探しに戻ったということはカッコわるいので黙っておこう。

さあ!いろんなことがあったが、気を取り直して釣ってきた魚を調理だ!

Imgp0179

今日の獲物たち。このホウボウの左側のカタクチイワシばっかり釣れるのよ。

全部、唐揚げだー!やけくそだー!

アチッ!油が飛んだせいかな、なんかわかんないけど涙が出てくるぜ。

Imgp0172

どーん。多いけど全部食ってやる!

おいしかったです。海の恵みに感謝。

今回も結構長くなってしまいましたが、お読みいただいてありがとうございます。

次回は何の記事になるか・・・お楽しみに!

よろしくどーぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月18日 (金)

三浦半島金田湾「浜千鳥」で第二回ボート釣り

今日は二回目のボート釣りレポートという訳なのだが、前回の教訓を生かして、釣果UPとなるんでしょうか!はたまた、夢のマゴチとの初対面となるんでしょうか!

さっそく、参りましょう。スタート~!

はい、今回も前回と同じ金田湾「浜千鳥」さんにお世話になりました。

前回は初の海ボート釣りを体験した訳だが、とにかく「ボート釣り最高」という言葉しか出てきません。なので、前回から3日しか経っていないのに、また来ちゃいました。

ジャリメを買って、タモとバケツも借りて、ボート乗り場へダッシュ。

乗り場の浜では兄ちゃんが手伝ってくれるので、甘えて、またスニーカーで来てしまった。スイマセン。

さあ、さっさと浅場でマゴチのエサ用のピンギスと小さめのメゴチを釣って、早く沖のイケス群に行かなくては!

マゴチ用のエサも無事確保できたところで、今回は前回よりもさらに沖にあるイケスまで行ってみることにした。

ネットで調べたところによると、マゴチは、この6月初め頃は、まだ水温が低い日も多く、沖めの深いところにいることがあるらしいのだ(大型のシロギスもかな)。暑くなって7月を迎えれば、水深10m以下の浅場にまでピンギスを追ってやってくるらしい。

だから前回よりも沖にあるイケスまでやってきたのだよ。

まずはマゴチ狙いは置き竿でピンギスをつけて投入。続いて、手持ち竿でキス仕掛けをチョイ投げだ。

お、きたきた。

Dsc03277_2

シロギスだったよ

Dsc03276

あ、また釣れた

シロギスやメゴチはコンスタントに釣れてくる。ホイホイ釣れてくれるのでありがたい。

確かにありがたい。ありがたくはあるのだが、慣れてきたのか、飽きてきたのか、アタリがある度に何か他の種類の魚が掛ってきていることを、期待してしまう。

だって、いろんな魚が釣れた方がおもしろいじゃん!

なんて言っていると、

んっ、シロギスとはちょっと違う引きだぞ。

Dsc03446

マサバの小さいやつでした。サバッコと呼ぶらしいよ。

釣れた時に写真を撮るのを忘れていたのだが、キュウセンとトラギスも釣れた。

Dsc03298

キュウセン。これは雄だな、派手なやつだぜ。

Dsc03297

正式にはクラカケトラギスだね。我が家の台所のシンクからお届け。

願ったとおり、いろいろな種類の魚が釣れだした。楽しい。

でも、マゴチの置き竿はというと・・・

Dsc03267

シーン

前と同じ写真を使ってしまったが、結局、最後まで神様はマゴチが掛ってほしいという願いの方は叶えてくれなかった。

風が少しでてきたので少し早めに沖上がりすることに。

店に戻ると、おかみさんが前回同様、あたたかく迎えてくれたのだが、忙しそうだったので写真は撮ってもらえず。

またしても車で駅まで送っていただいてしまった。ありがとうございました。このボート店は本当に至れり尽くせりである。

帰りの電車で今日の反省点を振り返ってみた。マゴチ釣りにおいて、タナ取りは重要らしいのだが、それができていなかったのか。それとも、ポイントが悪かったのか。いや腕が悪いのだ。

送ってもらった車の中で、自らマゴチ釣りの達人であるおやじさんにアドバイスをいただいたので、次回はそれを実践して、次こそはマゴチを釣り上げてやる。

アドバイスの内容は次回に乞うご期待ということで。

今日は全部、刺身にしよう。

Dsc03286

食べきれなかったから、漬けにして次の日も食べたよ。

海の恵みに感謝。

いやー、釣りに行くと結構疲れるね。でもその倍楽しいから良し。

では、また。

よろしくどーぞ。

P.S.

上州屋にいる時が一番楽しかったりする。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

師匠

今回でブログ更新も4回目ですね。だんだん文章を書くのにも慣れてきました。ものすごい時間かかるけどね。

そういえば、2番目に書いた記事(「最近、海の手漕ぎボート釣りにハマってます(ほとんど師匠の話)」)に『これを機に(玉置さんに)メールでもしてみようかな。もしかしたら弟子にしてくれるかもしれないしね。』なんてことを書いたのだが、あの後、勇気を出して本当にメールしてみたのだ!!

ちゃんと言ったよ!「弟子にしてください!」って。

で、なんと、ちゃんと返信してくださったんだよ!

『弟子にしてください!』の返答は、『弟子をとるほど偉くないですよ・・・』と困らせてしまった。

しかも、『観ろよ』と言わんばかりに強引に、このブログのURLを貼り付けて、「いつか釣りに誘ってください!」などとずうずうしいことを言ってしまった。本当にすみませんでした。

いや、返信をいただいただけで嬉しいです。ありがとうございます。

Dsc02746 

話は変わるのだが(いや関連はあるか)、自分で、これまでに何回か書いた記事に改めて目を通してみると、なーんか読んだことがあるような気が・・・ん?・・!!!!

似ているのだ。僕が師匠と勝手に崇めている玉置さんの書く記事に、なんとなく似ているのだ。

僕のようなシロウトの書く文章が、自分の書いているものと似ているなんて言われたら、玉置さんは怒るかも知れませんね。

毎日、「デイリーポータルZ」や「@niftyつり」や「私的標本」で玉置さんの記事を読んでいるうちに、自然と似てきたというか。パクっている訳ではありませんよ、断固。

僕は、玉置さんの記事がおもしろいと思って、憧れて、毎日読んで、「こういう風に書いたらおもしろいんだ」とか「こう書いたら解りやすいんだ」といつも感心していて、そして、いいなと思うところを学んでいました。

いざ自分で記事を書いてみると、自分の中で一番良い、一番おもしろいと思える文章を書いていたら、結果、玉置さんの書く文章に似てしまっていたということなのです。

だから、もし玉置さんが、このブログを観ていただいていたとしたら、お願いします、怒らないでください。

とにかく、尊敬しています。

今日は玉置さんのことばかり書いてすみませんでした。

では、また。

よろしくどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月16日 (水)

三浦半島金田湾「浜千鳥」で初めてのボート釣り

どうも、ボクです。

前回、書いたように僕は最近ボート釣りにハマっているのだ。今日はその記念すべきボート釣り第一回目のレポートを書きたいと思います。

それでは参りましょう!VTR回転!!

今回、初の海手漕ぎボート釣りという事で、ボート釣りというものをネットや本でいろいろ勉強して、いよいよ、「ボート店はどこにしようか?」というとこまできたのだが・・・えーと、ウチには車がないのだよ!

Dsc03464

僕にとって教科書的本。

ということで、“自宅から電車で行ける範囲で”という悲しい前提で調べまわった結果、釣れるものや釣果などから、三浦半島の東側の金田湾にある「浜千鳥」さんに決定!

僕はボート釣りをするにあたって、ある目標を立てることにした・・・

それは「マゴチ」を釣ることだ!!(どーん!!!)

Dsc03447

これがマゴチ。60cmとか70cmになるモンスター魚。

実は、師匠である玉置さんもマゴチを釣るのが目標だと、いつも言っている・・・でもこれは偶然で、憧れているからマネした訳ではないです。ほんとに。

昔、僕の父もマゴチ釣りにハマっていて(投げ釣りでだけどね)、千葉の片貝漁港によく連れられて行ったもんだ。それもあって、子供の頃からマゴチの存在は知っていたし、マゴチ釣りへのロマン的なものも、子供ごころにうっすら父親から伝わってきていたのかもしれない。まあ何ていうか、父の敵みたいな・・・・え?・・何?ウソくさい?・・・いや、大体あんなデカいのが釣れたら嬉しいじゃないか!!!それに限る!てゆうか、それが一番の理由!

ゴホン!すみません、取り乱しました。クルリンパと。

えーと何の話をしてたっけ・・・そう、この三浦半島はボート釣りが盛んで、たくさんのボート店がある。中でも僕がチョイスした、東側にある金田湾は、広い砂地が続くボートマゴチ釣りのメッカだ。だから金田湾を選びました。金田湾には「浜千鳥」と「つりの浜浦」というボートマゴチ釣り界では知らない人はいないという、二軒の超有名ボート店がある。なぜ「浜千鳥」さんに決めたかというと、駅からのバスの停留所が「浜千鳥」の方が一つ手前だからという、安っぽい理由だということは「浜千鳥」のおやじさんには内緒にしておこう。

まえおきが長くなったがそろそろ本題、釣り日記に入りましょう。ふーっ、やっとここまで漕ぎつけた、ボート釣りだけに・・・さ、いきましょう。

自宅のある世田谷区から始発電車に乗って、電車を乗り継ぎ、京急の三浦海岸駅から、さらにバスで10分ぐらいかけて、ようやくボート店に到着。ぜんぶで約2時間ぐらいかな。

ボート店「浜千鳥」ではおかみさんが新顔の僕に気さくに話しかけてくれて、初ボート釣りで緊張していたのが少し和らいだ。ボート代は平日なので3500円、エサのジャリメ500円を支払って、ボート乗り場のある浜に直行。

乗り場では、波打ち際で釣り客が腰を下ろしたボートを兄ちゃんがズズズッと海原に押し出してくれる。靴が濡れなくて済むのでありがたい。場所によっては釣り客も海に少し入ってからボートに乗り込まなくてはいけないボート店もあるようなので、ここはサービスがいい。とにかく、ボート釣りに行く時は長靴かビーサンで行けば間違いない。(自分はスニーカーで行ってヒヤヒヤした)

なんやかんやで、みなさんより少し遅れて7:30頃ようやく出航!(電車移動なのでね・・・くそう)

Dsc03265

岸からどんどん離れていく。「海賊王にオレはなるっっ!!!」

海はベタ凪で最高のボート釣り日和。狙うはマゴチ!!!て、あライフジャケット着るの忘れてたよ。えーライフジャケットは無料で借りられますのでご安心を。ボート釣りをする時はライフジャケット着用義務があります、必ず着用しましょう。座布団(お風呂マットみたいなのを切ってあるやつ)はボートに標準装備されているし、あとバケツやタモ網も無料で借りられます。なんて良心的なお店だ。

おかみさん曰く、まず浅場でマゴチのエサ用のピンギス(小さいキスのことをそう呼ぶらしい)や小さめのメゴチを何尾か釣ってから、沖のイケス群までいって、マゴチを狙いながらキス釣りをしたらいいとのこと。

言われたとおり、まず、軽く漕いだ浅めのところでピンギスや小さめのメゴチを確保することにした。

8:00ちょっと前、ようやく釣り開始!ワクワクしていると、さっそくプルプルと何かが掛った!

Dsc03281

はいフグでしたー

初海ボート釣り、初めての獲物はクサフグ。いいじゃないかオレらしくて。すぐさまリリース。(意外と好きだけどねクサフグ、かわいい)

気を取り直して、仕掛けを投入。するとすぐにまた何か掛ったぞ。

Dsc03278

狙いのピンギスだぜ

Dsc03437

メゴチも釣れたぜ

その後も続けて、全部で5尾ほど釣って、マゴチ用のエサはOK。

マゴチ用のエサも確保できたし、活きが悪くなる前に、遥か沖のイケス群目指してダッシュで漕ぎまくる。海のボートは初めてだが、波のない江戸川放水路にならボートハゼ釣りをしに行ったことは何回もあるので、ボートを漕ぐこと自体は経験がある。今日はベタ凪なのでスイスイ進んで楽しい。

Dsc03269

案外すんなりイケス群に到着。平日なので周りにも他のボートはいない。360度オレのテリトリーだぜ。

Dsc03294

イワシのイケス。もっと近くで撮ればよかった。

イケスを海底につなぎ止めてあるロープに引っ掛けないように、気を付けながらアンカーを降ろす。

ワクワクしながらマゴチの竿にはピンギスをつけて置き竿に。頼むぜ受太郎!ああ、受太郎っていうのは釣り竿を固定しておける竿受けの商品名。たぶんシェアNo1!か2。

Dsc03267

頼むぜ受太郎!

もう一本は手持ちでキスを狙う。おかみさん曰く、沖ではジャンボキスが釣れるらしい。

さっそくなんかきたぞ。

Dsc03442

やった本命シロギス。

その後もホイホイ釣れて、おもしろい。

それにしてもボート釣りってのは、広い海の上でのんびりマイペース、天気もよくて気持ちいい。都会の喧騒を忘れさせてくれるね。そう、これがしたかったのだよ。ボートの上でボーっとね・・・あ師匠みたいなこと言っちゃった。

そんなこと言ってるからか、マゴチの置き竿はピクリともしない。

Dsc03267_2

シーン

引きあげて、エサを見るが無傷。でも、試しにメゴチに換えてみる。

マゴチがエサを食わないので、代わりに僕がおにぎりを食べることにした。

キスも夕飯のオカズ分ぐらいは釣れたし、「浜千鳥」では15:00着岸厳守なので、14:00をまわったところで、納竿することにした。結局、マゴチの置き竿は最後までウンともスンともいわなかった。

浜の近くまで漕いでに戻り、浜辺に着岸の時は後ろ向きになってバックで漕いで着岸しなきゃいけないのね。これがなかなか難しい。ギクシャクしながら無事着岸。降りるときも兄ちゃんが手伝ってくれるので助かる。波が引いた時を見計らってササッと降りよう(スニーカーだから)。

ボート店に帰るとおかみさんが、とてもあたたかく迎えてくれて、写真を撮ったり、「どうだった?いっぱい釣れたかい?電車だろう?駅まで車で送ってあげようか」なんて言ってくれた。

(この時に撮ってもらった写真は「浜千鳥」さんのホームページの釣果に載っています。5月末の事なので、結構遡らないと見れませんが、よろしければどうぞ。)

電車で来た人はみんな帰りは送ってもらえるのか、平日で釣り客が少ない時だけなのか、初ボートの新顔があまり釣れていなかったので可哀そうだからせめてって感じなのかは分からないが、とにかく、このボート店のサービスは最高だ。

駅でおかみさんに「また来ます!」と再会を約束して別れ、電車のホームで、まだ見ぬ父の敵マゴチにリベンジを果たすことを胸に誓った。

今日、海のボート釣りを初めて経験した訳だが、とにかく、いろんな種類の魚が釣れて楽しいし、広い海の上でのんびりと竿を出しているとリフレッシュできる。ボート釣りは最高だということがわかった。夢のマゴチ、いつかは必ず釣りたいので、勉強してまた来よう!

前の日は興奮してろくに寝ていないので、帰りの電車では爆睡。よだれも爆垂。寝過ごして品川まで行っちゃたりもしたけど、なんとか家に到着。

疲れた体に鞭打って、釣った魚たちを捌いて調理。えーい今日は全部唐揚げだー。疲れたから。あビール買い忘れた。もういいや、めんどくさい。

Dsc03457

ごはんがすすむ君。ビールがあったら最高だった。

海の恵みに感謝。

みなさんにもボート釣りの素晴らしさ、伝わりましたでしょうか?ぜひ、みなさんもリフレッシュしたくなったら、一度、騙されたとおもって行ってみてはいかがでしょう。

長々とお読み頂きありがとうございます。ボート釣り第二弾を乞うご期待。

よろしくどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月14日 (月)

最近、海の手漕ぎボート釣りにハマってます(ほとんど師匠の話)

どうも、本格的な記事としてはこれが記念すべき第一発目ですね。

それじゃあ早速・・・吟じます!!!・・・いや、じゃいきます。

突然だが、僕は釣りが好きだ!!!その中でも海の手漕ぎボート釣りにハマっている。

今年の春に、ボート釣りデビューを果たした訳なのだが、なぜ、急にボート釣りなんてそんなマイナーなものをやりたくなったのか説明させていただきたい。

昔から釣りは好きで、ボート釣りの存在は中二の時から知っていたのだが、船酔いも恐いし、なにより、井の頭公園の池でカップルが乗るのと同じあんなちっぽけな手漕ぎボートで、あのでっかい大海原に出ていくなんて恐ろし過ぎてできなかったのだ(子供だったせいもあるよ)。

2610799

たしかに頼りなく見えるね

時は経ち、ボート釣りのことなんてすっかり忘れて、大人になった。

そして、ある日、久々に釣りのことを思い出して、何の気なしにネット検索していると・・・!!!

私的標本」!!このホームページを観て撃ち抜かれた(特にその中の「釣り標本」)。

このページは製作者である玉置 豊さんの趣味の釣りを中心としたアウトドア全般をレポートしているもので、読んでいてとてもおもしろい。玉置さんのする釣りはもちろんのこと、そのほかの趣味、人柄、考え方、に一瞬で惚れ込んでしまった!まさに師匠(また記事を書くのが上手なんだ。それも尊敬してます。)。

玉置さんが好きな釣りの中にボート釣りがあって、その記事を読んでいるうちに、十何年か前の記憶がよみがえってきて、無性にボート釣りがしたくなってしまった・・・という訳。

何回か行っているので、その釣行日記はまた今度書きます。

Dsc03275

乞うご期待

それにしても、玉置さんのことを勝手にリスペクトして師匠とか言っちゃってるし、こんなに玉置さんのこと書いてるけど、玉置さんと全く面識ないんだよね。怒られないかな。

これを機にメールでもしてみようかな。もしかしたら弟子にしてくれるかもしれないしね。とにかく、いつかは、師匠である玉置さんと釣りに行くのが僕の夢だ。

釣りに興味のない方も楽しめると思います。玉置 豊さんのホームページ「私的標本(釣り標本)」、ぜひご覧いただきたい。

よろしくどーぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめまして風太です

はじめまして。風太といいます。

パソコン買って3年ぐらい経つけど、ろくに使いこなせてません。

そこで、ブログでもやって、「パソコン使いこなしてるぜ」みたいな。「文章もブラインドタッチでバシバシ打ってるぜ」みたいな・・・・そんな風に思わせたくて(誰に?)、初めてブログってやつに手を出してみたわけです。

これからは、ヒマがあったら、釣りやバイク、旅行などの趣味のこと、日々の中のおもしろい出来事なんかを気軽に肩の力を抜いて、小学生の絵日記感覚でゆるく書いていこうと思います。

よろしくどーぞ。

 

P.S.

たったこれだけでも一時間ぐらいかかってるぅー !!!!ガビーン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2010年7月 »